施術詳細 施術詳細
施術部位の画像 施術部位の画像

多汗症・ワキガ(多汗症治療薬)

about about

「多汗症・ワキガ(多汗症治療薬)」とは?

脇のニオイが気になるのは汗をかいたときですが、汗そのものがニオイを発するのではなく、皮膚の表面にいる細菌がそれを分解することでニオイを発します。 とはいえ、多汗症もワキガもニオイが気になることには変わりはなく、その原因の大元である汗を抑えることを主眼において治療してきます。
多汗症にはボトックス注射、もしくは治療薬を使います。 ワキガの治療には手術が最も効果を発揮します。

ワキガの原因
私たちの身体には「アポクリン汗腺」「エクリン汗腺」と2種類の汗腺がありますが、ワキガの原因となる汗を分泌するのは「アポクリン汗腺」です。
アポクリン汗腺とエクリン汗腺では違った種類の汗を分泌します。エクリン汗腺が、さらっとした透明な汗を分泌するのに対し、アポクリン汗腺は、やや粘り気のある黄色がかった汗を分泌します。どちらも汗そのものの臭いはほとんどありません。
アポクリン汗腺から分泌された汗は、脂質、糖質、アンモニア等の成分を含んでいますので、これらが皮膚上の常在菌によって酸化・分解されることで独特のワキガの臭いが発生します。エクリン汗腺から分泌される汗が蒸発する際、アポクリン汗腺から出た汗の臭いを一緒に拡散します。これもまたワキガの臭いが広範囲に伝わる原因の一つと言えます。

ワキガのリスクが高い方
ワキガの患者様の男女比率はほぼ1対1で、やや女性が多いと言われています。
女性の場合には性周期との関連もあると言われており、生理中や排卵期に臭いが強くなる方もいらっしゃいます。

また食生活との関連も指摘されており、肉をよく食べる人ほど臭いが強いと言われています。
日本人が欧米人と比べてワキガが少ない要因は、食生活の差にあるとも言われているほどです。

さらに自律神経との関連も指摘されており、ワキガの患者様には自律神経が不安定な方が多いという研究結果も出ています。

ワキガの診断
ワキガの診断は、問診と検査で行います。

問診について
問診の際のポイントとなるのが「家族にワキガの人がいるか」「耳垢が湿っているか」の2点です。
「家族にワキガの人がいるか」
ワキガは優性遺伝ですので、家族にワキガの人がいる場合、遺伝している可能性が高いと言えます。
「耳垢が湿っているか」
ワキガの臭いの元となる汗を分泌するアポクリン汗腺は、耳の中にも存在します。一方、エクリン汗腺は耳の中に存在しないため、耳垢が湿っている場合にはアポクリン汗腺からの発汗が活発である可能性が高いと言えます。

検査
ワキにガーゼを挟んで一定時間を置き、その後ガーゼの臭いを医師が確認して診断します。(ガーゼテスト)臭いの強さで、5段階に分けて診断されます。

こんな方にオススメです

  • ワキの臭いが気になる
  • ワキの汗が多い
  • ワキガを確実に治したい
  • 自分のワキの臭いが気になって、人と距離を置いてしまう
  • ワキの汗が服につくと染みになる

多汗症・ワキガ(多汗症治療薬)の種類

塗り薬:エクロック®ゲル

エクロック®ゲルは、日本ではじめて健康保険の適用が認められた原発性多汗症用のワキ汗の塗り薬です。 交感神経から出る汗を出す指令をブロックし、発汗を抑えることが期待できます。

使用方法
1日1回、以下の手順で両わき全体に塗布します。
①脇をタオルで拭く等、清潔で乾いた状態にしてください。

②エクロック®ゲルを吐出⾯に吐出させ、わき全体に塗り広げます。
必ず吐出⾯を使⽤し、薬液には⼿を触れないように注意してください。
⼿を使って塗布しないでください。
薬液を塗った後、わきが乾くまでは寝具や⾐服が触れないように注意してください。

③使⽤後の吐出⾯に残った薬液は、ティッシュペーパーなどで拭き取り、キャップをしっかり閉めてください。

多汗症治療薬:ラピフォートワイプ

多汗症治療のために作られたワイプ式の製剤で、簡易的かつ衛生的に使用できます。1日1枚で気になる汗の分泌を抑えることが出来ます。この製剤の有効成分であるグリコピロニウムトシル酸塩水和物は、原因となるアセチルコリンの働きを阻害することで、発汗を抑制します。

使用方法
1日1回、以下の手順でワイプ1枚(1包)を用いて両脇に1回使い切りで塗布します。
①脇をタオルで拭く等、清潔で乾いた状態にしてください。
使用する直前に、ラピフォートワイプを開封します。
薬液飛散に注意し、目から離して開封してください。

②広げたワイプで脇を一拭きして、お薬を塗ります。同じワイプでもう片方の脇も同様にお薬を塗ります。
ゴシゴシこすらないでください。
傷や湿疹・皮膚炎等がある部位への使用は避けてください。
汗ふきシートではありません。脇以外の部位への使用は避けてください。

③他の方(特にお子様)が誤って触れることがないように注意し、適切に廃棄してください。

④使用後は直ちに手を洗い、手についたお薬をきれいに洗い流してください。

ボトックス注射

ボツリヌス菌が神経から出る発汗を促すアセチルコリンの放出をブロックする作用を利用し、ボトックス注射をすることで汗とにおいを抑制することができます。
もちろん切開や手術は必要なく、ワキであれば両ワキで10分程度で終わる処置です。 通常は3〜4日程度で効果が出現し始めますが、効果出現時期や持続期間には個人差があり、製剤にもよりますが一般的には約6ヶ月〜1年効果が持続すると言われています。
当院では、脇汗やそれによるニオイに悩む方に加え夏に向けて発汗が気になるという方にこの治療をお受けいただいています。
※脇汗へのボトックス注射は自費治療になります。

about about

副作用・治療のリスクについて

多汗症治療薬 ラピフォートワイプの場合
羞明/散瞳/霧視/ドライアイ/排尿困難/頻尿/口渇/接触皮膚炎/湿疹(どれも1%以上)

notes notes

注意事項

【ラピフォートワイプ使用の注意点】

・お薬に触れた手で目を触らないでください。
・お薬が目に入った場合、光をまぶしく感じる、目がかすむ、刺激を感じる等の症状があらわれることがあるので、目に入らないよう注意してください。万が一、目に入った場合は、すぐに水でよく洗い流してください。
・お薬を塗った部位をラップフィルム等で密封しないでください。
・お子様の手の届かないところに保管してください。
・お子様が使用する場合には、保護者の指導のもとに使用してください。

about about

料金

ボトックス

多汗症ワキ

アラガン社

80,000

韓国製

65,000